若いうちに色々なところに行って見たい。

Posted by admin

私は東京の調剤薬局で働いていましたが、このたび鳥取県にある調剤薬局に転職しました。
友人たちは、なぜ鳥取県なのかと言って、不思議がりました。
私もなぜ鳥取県なのか分かりません。
/
どこか知らない土地に行って見たい、そんなことが動機だったからです。
私は旅行が好きで、学生時代は結構国内や国外も数多くの土地に旅行しました。
観光旅行ではなく、放浪と言ったらいいでしょうか、着の身着のままで各地を回ることがすきなのです。
東京には大学時代から含めると、10年間住みましたが、もう結構と言った感じです。
薬剤師求人サイトに登録して、自分の考えを担当のカウンセラーに伝えました。
どこでもいいから、田舎に行きたい、このように伝えました。
私は、そのような話があれば、離島でもいいと思っていました。
薬剤師の仕事は専門職です、資格があれば年収にこだわらなければ、勤務先はいろいろあります。
もっとも首都圏ではもう薬剤師も飽和状態になりつつありますが、それでも地方はまだ、薬剤師不足です。
色々な地方に行って仕事がしたいといったことは独身だからできることで、若いからできることです。
独身で若いからできることを、今からやっておきたいと言うのが、私の希望です。
その薬剤師求人サイトの担当のカウンセラーも良い人で、私の変わった性格を良く理解してくれたと思います。
鳥取県で調剤薬局を探してくれて、そこに決めました。
鳥取県については私は何の知識もありません、しかしそこがまた私にとっては魅力的なのです。