薬剤師の需要は増加

Posted by admin

現在、岡山には小さな個人病院や個人医院から大きな総合病院までたくさん存在しています。
そこでは、医者や医療療法士、看護師や薬剤師などたくさんの人が働いています。
病院には内科、外科、小児科など様々な科があり、風邪などの病気やけがなどで診察を受けた後は、飲み薬や塗り薬、湿布などの薬を処方してもらう事が多いと思います。
その薬の処方箋を見て、薬を出してくれる人が薬剤師で、薬の名前や効能、飲み合わせなど様々な知識を持っています。
/
そして、薬剤師は病院内だけでなく、院外処方のために、薬局にも薬剤師が必要です。
最近では、ドラッグストアにも薬剤師が必要で、処方箋を受け付けてくれる所も増え、その為に薬剤師求人がとても多くなっています。
ドラッグストアの中には、薬剤師を紹介すると謝礼がもらえるという所もあります。
そして、一般の仕事の求人は減少気味ですが、薬剤師求人は需要が多い為、これから資格を取ろうと思っている人も増えるのではないでしょうか。