鳥取の薬剤師求人の特徴を知ろう

Posted by admin

鳥取砂丘や20世紀梨で有名な鳥取県は、人口が少ない、過疎が深刻な地域としても有名です。
人口は鳥取市や米子市を中心として約58万人ほどです。
そのなかで、1000人あまりの薬剤師が働いています。
人口と並び、薬剤師の数も全国で最も少ないのですが、人口10万人に対する薬局従事者数は107人で、全国平均数は上回っています
薬剤師求人としては調剤薬局の求人が多くなっており、のどかな暮らしの傾向に合わせ、年間休日数も多くゆったり働くことができるでしょう。
気になる年収ですが専門職ですから、過疎地だから低いといったことはありません。
たとえば、鳥取市内の大手調剤薬局では正社員で年収600万円から700万円が可能です。
単身向け、家族向けの社宅が完備されていたり、引越費用の全額補助などがある求人も多数あるので、Uターン、Iターンで働かれるには魅力だと思います。
鳥取県では薬剤師の数自体は大きく不足しているわけではありませんが、若手の薬剤師は少ない傾向にあります。
そのため、20代、30代の就職、転職をサポートする環境を整えている求人が増えているのです。
また、薬剤師資格をお持ちで結婚や出産などのため仕事を辞めたという方は、入社時研修の整った調剤薬局での職場復帰が可能です。
家庭との両立でパートとして働く場合の時給は2000円から2500円と高く、調剤未経験の方やブランクがある方でもしっかりした研修体制が整っている求人があるので安心ですよ。