薬剤師の就活事情

Posted by admin

薬剤師さんの就活には、一般事務とは少し異なる事情があるようです。
何といってもやはり世間的には難しい資格が必要な専門職ですから、薬剤師求人といえばオンラインでも専門サイトがあるほどです。
/
引く手あまたで安定した職というイメージがありそうですが、資格を持っている人も少ないかわりに求人の絶対数もごく普通の事務員よりは少ないのが実情のようですね。
求人の条件は常勤の月給制から非常勤の時給制までといろいろあります。
務める場所も病院や調剤薬局、ドラッグストアと様々です。
もちろん勤務地によってもどのような求人が多いかは違ってきます。
例えば兵庫県の薬剤師求人情報を見てみると、やはり一番件数が多いのは神戸市近辺ではないでしょうか。
印象としては、ネットで探せる求人には病院や調剤薬局が多い感があります。
地元に密着した求人情報誌などの方が、処方箋も受け付けているドラッグストアといった求人も少し多いようですね。
どの職業にも言えることではありますが、求人情報を確かめるときに一番大切なのは自分がどのような条件を望んでいるのか、はっきりとさせておくことだと思います。
給料はどのくらい欲しいのか、どの地域で働きたいのかなどはもちろん、病院勤務ならば科目もチェックしておくといいでしょう。
調剤薬局は処方箋さえあればどの診療科目の薬剤も受け取れるのが建前ですが、やはり最寄りの病院とのつながりで多く扱う薬の傾向は決まってくるはずです。
内科が主な場所もありますし、耳鼻科か心療内科が主なところもあるでしょう。
経験のある薬剤師さんでも、務める場所によっては今まで扱ったことがない薬とばかり出会うことになるかもしれません。
新たな知識が増えることを望むのか、慣れ親しんだジャンルで戦いたいのかも事前に意識しておきたいところです。
その辺りは事前に調べるか、求人元とのやり取りの中で確かめるのもいいかもしれません。
自分の経験やスキルに合わせて、生き生きと働ける職場に出会えるようしっかりした就職活動を行っていきたいですね。